こ ん に ゃ く の さ し 身 も 少 し 梅 の 花

 

 
    永源寺山門      句 碑     法堂前の句碑
 
永源寺は愛知川の右岸、鈴鹿に連なる山塊を背に伽藍の建ち並ぶ名刹である。
元禄6年、去来宅で客死した呂丸を悼む手紙に添えられた句とされる。
永源寺地区は「こんにゃく」を名物とする。
 
 

 

もどる              つぎ

近江の芭蕉句碑に戻る