曙 は ま だ 紫 に ほ と と ぎ す

 

 
     仁王門   紫式部供養塔と句碑      句 碑
 
真言宗の石山寺は西国三十三カ所の13番の札所として知られているが、
平安時代より観音霊場として慕われ、紫式部が源氏物語の想を練ったとされる。
芭蕉は石山寺に詣で、紫式部の故事を偲んでこの句を詠んだものと思われる。
石山寺の語源である硅灰石の岩塊国宝本堂国宝多宝塔など諸堂がたちならび、
境内には四季を彩る草木も植裁され、多くの参詣者が訪れる。
 

 

もどる              つぎ

近江の芭蕉句碑に戻る