「酒 落 堂 記」記 碑

 

 
    公園の記碑      記 碑     茶臼山公園
 
「酒落堂記」は案内にもあるように、元禄3年3月(1690)、浜田珍碩の酒落堂に招かれた芭蕉が、
おものの浦(現在の御殿浜あたり)から望む琵琶湖の大景を「酒落堂記」として記し珍碩に与えた。
茶臼山には古墳をはじめ史跡が多いが、芭蕉の270年忌記念に財団法人芭蕉翁遺跡顕彰会などが提唱し、
旧膳所城二重櫓の古材をもって芭蕉会館が昭和39年に建てられている。
 
 

 

もどる              つぎ

近江の芭蕉句碑に戻る