山 路 来 て 何 や ら ゆ か し 菫 草

 

 
   小関天満宮      句 碑      境内と句碑
 
小関越えは大津と京都山科を結ぶ東海道の裏道である。
芭蕉は貞享2年3月、奈良、京都を経て初めて近江に足を踏み入れた。
その小関越えの道すがらこの句を吟じたとされる。
小関天満宮は小関越えの小径をやや入った住宅地の中にある。
 
 

 

もどる              つぎ

近江の芭蕉句碑に戻る