下 新 川 神 社

 

 
 
祭 神  新川小楯姫命、豊城入彦命
所 在  守山市幸津川町
 
野洲川の河口ちかくの河川工事によって鎮座地が川に沿うことになった。
古来、川の下流域は氾濫の危険があり、本社は河川の氾濫を守る河川神としての性格を持つものと思われる。
近隣の服部遺跡は、弥生時代からの生活遺構が出土しているが、本社との関連を否定できない。
 

 


前へ  次へ