小 津 神 社

 

 
 
祭 神  宇賀之御魂命、須佐之男命、大市姫命
所 在  守山市杉江町
 
湖東は野洲平野の農耕地帯の中、湖岸から1キロの地に鎮座する。
神社周辺に後期古墳が多くあるとのこと、古代氏族の小津君の祖霊を祀った氏族祭祀から発し、
農耕神として近在の篤い信仰を集めたことは、「長刀振り」や「田楽踊り」の祭祀芸能として
今に受継がれていることからも伺える。

 


前へ  次へ