御 上 神 社

 

 
 
祭 神  天之御影大神
所 在  野洲市三上
 
三上山(432m)は湖東一円から、それとわかる秀麗な山容によって近江富士として親しまれている。
現在、山と神社の間を国道1号線が分けるが、神体山として祀った自然神道期からの神社であろう。
古来、安国造(やすのくにのみやつこ)やその一族の勢力圏でもあり、古墳群もこの山麓に多く存在し、
多くの銅鐸の出土にみられるように近江古代文化の中心の一つであったと思われる。

 


前へ  次へ