小 野 神 社

 

 
 
祭 神 天足彦國押人命、米餅搗大使主命
所 在 大津市小野   
 
鎮座地は和邇川が山間から平野に出ようとする山麓の聚落、小野にある。
眼前に琵琶湖を望む当地は古代の北国街道に沿い、若狭、敦賀へ、近江峠(途中越)を経て京都へも通じる
交通の要衝に位置しているのも古代氏族小野氏居住地であり、ゆかりの神社らしい。
境内には遣唐副使をつとめた小野篁を祀った小野篁神社歌碑、飛地境内には小野道風神社がある。
また小野篁神社本殿、小野道風神社本殿は重要文化財に指定されている。
一帯には小野妹子の墓に比定される唐臼古墳をはじめ、大塚山古墳、ゼニワラ古墳、曼陀羅古墳群、
ヨウ古墳群、石釜古墳群など古代墳墓群をひかえ、さらに和邇川の左岸の小野天皇神社をふくむ
この地に古代文化圏をイメージできるのではないか。

 


前へ  次へ