石 坐 神 社

 

 
 
祭 神  天命開別命、弘文天皇、伊賀采女宅子媛命、豊玉比古命、彦坐王命、海津見神
所 在  大津市西ノ庄
 
本社の起源は、相模川の上流に御霊殿山があり、山頂の磐座を祀ったことにあるとされる。
祭神の天命開別命とは天智天皇をさし、弘文天皇(大友皇子)、その生母である伊賀采女宅子媛命を祀り、
大津京との関係、とりわけ壬申の乱で破れた近江朝廷方の霊を祀っていることは注目される。
また、国道1号線を挟んで本社の山手にある茶臼山古墳には、大友皇子らの陵墓とされるがある。

 


前へ  次へ