山 津 照 神 社

 

 
 
祭 神  國常立尊
所 在  米原市能登瀬
 
明治15年旧社地から社殿を現在地に移転したとき、参道脇から山津照神社古墳が発見された。
それは前方後円墳で、獣文鏡など鏡、広口壺など須恵器、円筒埴輪破片などが出土したとされる。
このような状況から、神功皇后の父とされる息長宿禰王の墳墓ではないかと推測もされている。

何れにしても、古代氏族の祖神を祀ったことを起源とするのではないかと考えられる。

 


前へ  次へ