飯 道 神 社

 

 
 
祭 神  素盞鳴尊、菅原道真
所 在  湖南市針
 
飯道山から阿星山に連なる山塊の麓、美松の自生地近くに在り、明治10年以降現在地に鎮座する。
飯道山上に鎮座する飯道神の里宮的存在であったとも考えられる。
境内には塔身を失った石像の宝篋印塔があり、案内によると鎌倉期の造とされる。
 

 


前へ  次へ