比 都 佐 神 社

 

 
 
祭 神  日子火々出見尊、天津日子火瓊々杵尊、木花開耶姫尊、武甕槌神、天太王神、
      大己貴神、経津主神、天児屋根神、猿田彦神
所 在  蒲生郡日野町十禅師
 
現在地は日野川の右岸、旧必佐郷十禅師に鎮座するが、当初は宝殿山に祀られたとも云われる。
宝殿山(508m)は猪の鼻が岳とも称し、本社の東方約6kmにあり、
山の南側の鎌掛谷(かいがけたに)は群生シャクナゲで有名。

 


前へ  次へ