大神神社    室の八島    芭蕉句碑
 

 室の八嶋に詣す。同行曾良が曰、「此神は木の花さくや姫の神と申て、富士一躰也。無戸室に入て焼給ふちか

ひのみ中に、火々出見のみこと生れ給ひしより、室の八嶋と申。・・・・・」

 

 栃木市惣社町に鎮座する大神神社室の八島がある。歌枕として室の八島を詠む時には、煙にちなむことが
習わしとされる。芭蕉が参詣したのは三月二十九日(陽暦五月二十九日)であった。
 
  藤原定家 歌碑

 

もどる              つぎ

奥のほそみちに戻る