夕陽丘公園より    芭 蕉 園   芭蕉園・芭蕉像
 
 芭蕉は七月四日(陽暦八月十八日)出雲崎に至った。芭蕉が来遊した当時の出雲崎は佐渡への渡船場として

栄えていた港であり、佐渡金山の産出品も天領でもあったこの地を経て江戸に運ばれた。

 また出雲崎は江戸後期の禅僧、良侍a尚生誕の地として、偉業顕彰の数々の記念施設がある。 

 

 「銀河ノ序」石碑(「続蕉影余韻」より)
 上記句文

 

もどる              つぎ

奥のほそみちに戻る