長山重行宅跡   日枝神社 弁天島     大 泉 橋
 

 羽黒を立て鶴が岡の城下長山氏重行と云物のふの家にむかへられて、俳諧一巻有。 

 
 芭蕉が鶴岡にはいったのは、六月十日(陽暦七月二十六日)のことで、庄内藩の武士、長山重行の屋敷に

滞留した。

 

 長山重行宅跡 句碑

    案内板 
 日枝神社 句碑
 奥の細道 内川乗船所跡 案内

 

もどる              つぎ

奥のほそみちに戻る