行く春や鳥啼き魚の目は涙

 

 
   千住大橋   千住大橋 記念碑    矢立初の碑
 

 千じゆと云所にて船をあがれば、前途三千里のおもひ胸にふさがりて、幻のちまたに離別の泪をそそぐ

  行く春や鳥啼き魚の目は泪        

是を矢立の初として、行道なをすゝまず。人々は途中に立ならびて、後かげのみゆる迄はと見送なるべし。

 
 船で小名木川から隅田川を遡り、千住に上陸した芭蕉と曾良は見送りの人々とここで別れ旅に出た。
 
 素盞雄神社
   松尾芭蕉の碑
 大橋公園おくのほそ道行程図

 

もどる              つぎ

奥のほそみちに戻る