氷室の清水跡   氷室の清水 由来         芭蕉句碑
 

 六月一日(陽暦七月十七日)芭蕉は大石田を出て、新庄に至り、渋谷甚兵衛(俳号風流)宅を宿とした。

おくのほそ道には新庄の記述はないが、「曾良旅日記」には「二日 昼過より九郎兵衛(俳号盛信)へ被招。

彼是、歌仙一巻有。」と動静を伝えている。

 
  市民プラザ 「風の香も」句碑
  「風の香も」解説板

 

もどる              つぎ

奥のほそみちに戻る