五月雨をあつめて早し最上川

 

 
   芭蕉・曾良像      最 上 川    清川 芭蕉像
 

 最上川はみちのくより出て山形を水上とす。ごてん・はやぶさなど云おそろしき難所有。板敷山の北を流て、

果は酒田の海に入。 ・・・・・・
 

 六月三日(陽暦七月十九日)新庄を発った芭蕉は本合海より最上川下りの舟に乗船して、清川で上陸の後、

狩川を経て羽黒山に向かった。
 
 本合海 乗船之地 標柱
      句 碑
 清川  上陸之地 標柱
      句 碑

 

もどる              つぎ

奥のほそみちに戻る