草の戸も住み替はる代ぞひなの家

 

 
     採荼庵跡   旅立姿の芭蕉像   芭蕉記念館  句 碑
 

 月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老いをむかふる物

は、日々旅にして旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。
 
 元禄二年(1689)芭蕉は草庵を人に譲り、採荼庵に移り、三月二十七日(陽暦五月十六日)奥州を巡る長途の
行脚に出発した。
 
 芭蕉記念館
   句 碑  
   句 碑
 史跡展望庭園  芭蕉像
 清澄公園  
   句 碑
 芭蕉庵史蹟 芭蕉稲荷神社
   芭蕉庵旧地の由来
 要津寺
   芭蕉翁俤塚
   句 碑

 

もどる              つぎ

奥のほそみちに戻る