末の松山    沖の石    野田の玉川 
 

 それより野田の玉川・沖の石を尋ぬ。末の松山は寺を造て末松山といふ。松のあひゝゝ皆墓はらにて、はねをか

はし枝をつらぬる契の末も、終はかくのごときと、・・・・・

 

 末の松山は東関東大震災の際にも津波が及ばなかったことで、改めて話題になったことで知られる。
末の松山、沖の石、野田の玉川はいずれも古来より歌枕の地である。
 
 末の松山 説明板

   後拾遺和歌集 清原元輔 歌碑

   古今和歌集 東歌 歌碑

 

もどる              つぎ

奥のほそみちに戻る