笠嶋はいづこさ月のぬかり道

 

 
    実 方 橋     芭蕉句碑    かたみの薄
 

 藤中将実方の塚はいづくのほどならんと、人にとへば、「是より遙か右に見ゆる山際の里をみのわ・笠嶋と

云、道祖bの社・かた見の薄今にあり」と教ゆ。此比の五月雨に道いとあしく、身つかれ侍れば、よそながら眺

やりて過るに、・・・・・    
 
 芭蕉の笠嶋への思いは平安中期の歌人藤原実方が陸奥守として任じられたが、当地で客死した。その墓に
詣でるとともに、西行がその墓に詣でて「朽ちもせぬその名ばかりをとゞめをきて かれのゝ薄かたみにぞみる」
と詠んだ「かたみの薄」に心惹かれたと思われる。

 

もどる              つぎ

奥のほそみちに戻る